Windows標準スナップショットツール Snipping Tool

Snipping ToolはWindows標準のスナップショットツールです。必要最低限の機能だけ搭載したツールで、非常に使いやすいです。Windows VistaのHome Basic以外のエディション、また7以降であれば使用可能なようです。

自分はWindows 10ですが、以下場所からツールを起動できました。

“スタートメニュー→Windowsアクセサリ→Snipping Tool”

Snippint Tool

“新規作成”の右側のドロップダウンボタンを選択すると、切り取り方法が選択可能です。

機能 切り取り領域指定方法
自由形式の領域切り取り マウスで自由に指定
四角形の領域切り取り 切り取り領域の左上と右下、または右上と左下を指定
ウィンドウの領域切り取り 切り取るウィンドウを指定
全画面の領域切り取り 画面全体を切り取り


スナップショット実行後は取り込んだ画像がプレビュー表示されます。今回はゴミ箱アイコンを四角形の領域切り取りでスナップしました。

Snipping Tool


プレビュー画面で出来ることをまとめます。

  • ペン書き込み
    Microsoft Paintのペンツールと同じように書き込みが可能です。また蛍光ペンでも書き込むことができます。

    Snipping Tool ペン 蛍光ペン

    ただよくある”Shiftキー押しながらマウス移動で直線を描画”はできませんでした…。これが出来るともっと使いやすいと思うのですが。

  • 画像保存
    選択可能なフォーマットはPNG/GIF/JPG/HTMLです。WinShotにはなかったPNGがあるのが個人的には嬉しいです。BMPないんだなぁ、とは思いましたが、スナップショット画像でBMPとして保存したいことはあまりないと思うので気にしません。

  • またWindows 10のSnipping Toolには”遅延”という機能が追加されています。これは「新規作成を押してから領域選択を行えるようになるまでの時間」を秒で指定します。この設定により、取り込み開始後に画面の状態を変更するまでの猶予時間が与えられます。

    これで何が嬉しいのかというと、例えばマウス右クリックメニュー等のスナップショットを撮ることが可能です。実際にデスクトップの右クリックメニューをキャプチャしてみました。

    Snipping Tool 遅延


    スナップショットツールとしては十分、且つ最低限の機能が搭載されていると思います。標準でこのようなツールが使えるのはありがたいですね。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする